部屋だより
書き初め

新春書き初め大会

去る一月五日の稽古後に、恒例の新春書き初め大会が催された。平成十四年一月から始めた書き初め大会も今回で十五回目を数え、すっかりお馴染みとなった。

まず親方が筆を執り、今年は「努力の年」と書いた。自身はもとより弟子達にも望む言葉であろう。

次に不知火親方は「進」と書いた。親方としての協会の仕事、部屋での仕事に、進化しつつ前に進むとの思いである。小野川親方は「孝悌忠信」と書いた。儒教の教えで、親に孝行をし、目上の者の言葉に随い、忠実で信義に篤いことを意味するが、特に親方の言葉を身に体して欲しい。

阿武咲関は「現状打破」と書いた。小さな故障もあってなかなか幕内の壁を越えられない現状を、何とか打破したいとの思いである。阿夢露関は「蘇る」と書いた。いつもながら独特な味のある字である。去年は不本意な一年となってしまったが、強い気持ちを持って再入幕をはたす決意であろう。

この後各力士達が、以下に掲げたように次々に今年にかける思いを筆に託した。各力士の思いは「おかみさん日記」に紹介されているので、そちらもご覧頂きたい。

力士達に混じって、この日稽古見学に来られていた女優の白石まるみさん、作曲家故中山大三郎夫人中山美佐子さんも立派な書を披露した。白石さんは実に堂々とした字で「断捨離」と書いた。どうも今年は大きな転換を期しているようで、そのためにはまず、今までの様々なものを断ち、捨て、離れるということのようである。新生白石の年となりますように。中山夫人は「人生いろいろ」と書いた。女性らしく、また端正で素直な字である。ご存じ大三郎先生が作詞された島倉千代子さんのヒット曲の題名。山あり谷ありの人生を、それぞれの持ち味で楽しんで生きていくんだよ、との先生のメッセージである。

おかみさんは「朗らか」と書いた。多くの力士達をサポートしていくには、時として苦しく、またひそかに涙することもあるだろうが、部屋がいつも明るく元気なのは、おかみさんの朗らかな笑顔があるからである。こちらも端正で素直な字ですね。

床貴は「見義不為無勇也」――「義を見てせざるは勇無きなり」と書いた。論語の言葉であるが、正義感を持ち、かつ実行力を持てとの意。むつかしいことだが誰しもこうありたいもの。床雄は「縁」と書いた。今年大人の仲間入りをした床雄だが、いろいろな方々とのご縁を大切にし、人として、そして床山として、立派に成長して欲しい。

親方は「努力の年」と一気に書き上げた
不知火親方は「進」と書いた
小野川親方は「孝悌忠信」と書いた
阿武咲関は「現状打破」
阿夢露関の字はなかなか味がある
おかみさんは「朗らか」
白石まるみさん。今年の目標
中山三佐子さんは大三郎先生の名曲「人生いろいろ」
樽谷君は「全国優勝」。頼もしい
相野君は「日々精進」。素晴らしい

力士書き初め

阿武咲関
阿夢露関
大和富士
慶天海
武政
鐵雄山
篠原
末川
阿光
鳴海
勇磨
滝口
千田
光内
若山
天津
床貴
床雄
ページ先頭へ

コロナウイルス感染症の拡大防止のため、キッズ阿武松、稽古見学は当面の間中止することになりました。申し訳ございませんが、ご理解とご協力のほどお願い申し上げます。