部屋だより
打ち上げ

令和二年正月場所打ち上げパーティー開催される

2020年1月27日、18時30分、令和初となる一月場所千秋楽打ち上げパーティーが開催された。

定刻、司会の若山から、阿武松親方と阿武咲関が少々遅れると報告され、開式が宣言された。今場所は、阿武咲関の好成績、勇磨の三段目全勝優勝、二本栁の序ノ口全勝優勝、また、多くの力士の活躍もあって、多くの方々が駆けつけてくださった。

まず主催の千葉後援会の熊倉副会長が挨拶に立ち、令和元年度の収支予算・決算が終了したことを報告したのち、今場所の活躍に祝福の言葉を述べた。「特に二本栁は、『巨人・大鵬・卵焼き』で人気を博していた元大鵬関のお孫さん、夢道鵬から勝ち星を得ての優勝、大変すばらしい内容で感服しました。新体制になって間もないですが、阿武咲関の勝ち越し、2名の優勝者を出し、現親方は何か持っていると確信しております。前親方の灯火がよりいっそう燃え上がることを期待しております。」と締めくくった。

次に、習志野市長・宮本泰介氏は新年の挨拶ののち、「令和初となる記念すべき場所で、すばらしいスタートを切れたことを心よりお祝い申し上げます。令和2年1月1日号の広報誌で、ここ阿武松部屋を紹介しております。表紙は阿武咲関です。4連敗で一時はどうなるかと心配しておりましたが、そんな思いを吹き飛ばさん勢いで、勝ち星を重ねてくれてうれしいです。出場者15名中、9名が勝ち越しと、すばらしい成績です。本年もがんばっていきましょう。」と激励した。

前同市長・荒木勇氏も駆けつけ、新しい門出にふさわしい内容であったと祝福し、ますますの発展と充実を願ってくださった。

衆議院議員・富田茂之氏は、阿武咲関の活躍をたたえ、「次の場所までは時間があります。大相撲解説の北の富士さんは、阿武咲関を思って出稽古を取り入れてはとおっしゃっていました。是非、強い力士たちと切磋琢磨し、より一層の力をつけてください。」と述べた。

次に来賓紹介に移り、千葉県議会議員・伊藤ひろし氏、習志野市議会議長・田中真太郎氏、習志野市議会議員・宮本博之氏、前日本相撲連盟専務理事・大野孝弘氏、東京都相撲連盟会長・板倉利和氏、明治大学相撲部総監督・小川清彦氏、町田後援会代表・小山修氏、習志野市教育委員会教育長・小熊隆氏、中山大三郎事務所代表・中山三佐子氏、船橋スター相撲団代表・深澤英治氏が紹介され、会場から大きな拍手が送られた。

続いて、阿武松親方の恩師、白鳥相撲道場の佐久間幸一氏から挨拶の言葉を賜った。「5月をめどに、葛飾を中心とした東京後援会の組織作りに専念しています。このご時世、葛飾でも町工場が減少していて、人を集めるのになかなか苦労しておりますが、阿武松健二のために、ひと肌脱ぎたいと思っておりますので、みなさま、ひとつ応援のほど、よろしくお願いいたします。」と述べ、ひときわ大きな拍手が送られた。

続いて千葉後援会からのご祝儀贈呈。会長鈴木喜代秋氏から親方・おかみさんはじめ、各力士、床山にご祝儀が贈呈された。また、優勝力士には、名古屋後援会、イチビキ株式会社、前親方・手島広生氏より、ご祝儀が贈呈された。

親方が協会の仕事で不在であったため、到着し次第、挨拶を行うことが告げられ、千葉後援会副会長・木村龍二氏の力強い御発声により乾杯、会食に移った。

順宴もたけなわというところで、両国国技館から中泊町長・濱舘豊光氏が駆けつけて下さり、挨拶の言葉をいただいた。「本日は、桟敷席から、阿武咲関のタオルを振りながら応援しておりました。青森でもNHKは放送されておりますので、おそらく町民もみな、力一杯応援していたと思います。豪栄道関にまわしを握られたときは、まずいなと思いましたが、力強い投げをうったときには、新生・阿武咲ともいうべく姿に歓喜しました。この千秋楽では、同郷の宝富士関も勝ち星をつかみとり、大変喜ばしい一日でした。これからも阿武咲関、阿武松部屋のご活躍を祈っております。」と述べ、阿武咲関とかたく握手を交わされた。

会食は終始明るい雰囲気で、あちらこちらで激励の声が上がり、勝ち負けにかかわらず、内容の濃いすばらしい初場所であったことを物語っていた。会食開始から30分後には、特製のちゃんこ鍋が売り切れ御免。「ちゃんこがなくなるなんて、久しぶりだ」と、力士たちもうれしそうだった。

会食の途中で、天王山の司会で恒例のビンゴ大会が始まった。モントレックス清水社長より高級時計、中泊町の後援会からねぶたの手ぬぐいを提供していただき、特賞として贈呈された。また、来場者の手土産に中泊町町長・濱館氏から郷土名産のリンゴが配られた。

ビンゴ大会の中盤、阿武松親方が会場に到着し、早速、会場にお越しいただいたみなさまへ感謝の意を述べ、挨拶に立った。
「ひとつ報告がありまして、7年間、ともに稽古に励んできた鳴海が場所前に引退いたしました。当人の強い希望により、地元青森の恩師の元で断髪式を行いました。今まで応援してくださったみなさまには、多大なるご指導・ご声援をいただきまして、誠にありがとうございました。本日、幕内では平幕の徳勝龍が優勝いたしました。33才の力士がこつこつと稽古を重ね、こうして優勝したということは、力士にとっては大変な励みとなります。阿武咲関が4連敗スタートから、本日、豪栄道関から白星を得て、9勝となって終えました。来場所からは幕内上位に戻りますので、存分に暴れてほしいと思っております。幕下は若山が4勝3敗で何とか勝ち越しまして、三段目では勇磨が、序ノ口では日本栁が優勝することができました。大阪場所までまだ時間がありますので、力士は稽古に、私は指導に精進してまいります。みなさま応援お願いいたします。」と述べた。

親方の挨拶の後には、千葉工業大学理事長・瀬戸熊修氏からも激励の言葉を賜り、会場は大いに盛り上がった。

最後は、習志野市教育委員会教育長・小熊隆氏が挨拶に立ち、「こうして大勢の人が応援に駆けつけてくださって、大変うれしく思います。力士のすばらしい取組や、阿武咲関の千秋楽の活躍から、力をそして夢をもらいました。習志野の教育もこれにあやかって、発展させていきたいと思います。」と述べ、三本締めをもって中締めとなった。

式次第
成績表
司会の若山
千葉後援会副会長熊倉一夫氏
習志野市長宮本泰介氏
前習志野市長荒木勇氏
衆議院議員富田茂之氏
葛飾白鳥道場佐久間幸一氏
鈴木喜代秋氏よりご祝儀をいただくおかみさん
阿武咲関
慶天海
元亀
若山
益湊
勇磨は優勝のご祝儀も
阿光
二本柳は優勝のご祝儀も
乾杯の音頭は千葉後援会副会長木村龍二氏
中泊町長濱舘豊光氏
元阿夢露ニコライ氏と慶天海 
小川清彦明治大学相撲部総監督と勇磨
ファンの方々と談笑する阿武咲関
千葉後援会の方々
お給仕をする千田 
お給仕をする二本柳
土佐緑と床雄
チャンコ番は天津と天王山 
阿光とファンの方々 
恩師中泊相撲道場小山内監督と阿武咲関
恩師小川監督に厳しいレクチャーを受ける元亀
土佐栄山と荒雄山
キッズ阿武松樽谷正輝君(右)と有路大輝君 
前日本相撲連盟専務理事大野孝弘氏と阿武咲関
ファンの方々と談笑するおかみさん
ビンゴ大会の司会はお馴染み天王山。土佐緑が手にしているのはモントレックス清水社長より提供された高級時計
会場風景その1
会場風景その2
 会場風景その3
見事高級時計をゲット
メイプルイン幕張社長松田氏がビンゴ 
阿武松親方が皆さんにご挨拶
鈴木喜代秋氏と乾杯する阿武松親方 
いつもありがとうございます。親方夫妻
景品をお渡しする土佐緑と土佐栄山 
みごとビンゴで満面の笑み
親方の長男健志郎君もビンゴごです。勇磨と
不知火親方のお祖母様もビンゴ
飛び入りで挨拶をされる千葉工業大学理事長瀬戸熊修氏
締めの音頭は習志野市教育委員会教育長小熊隆氏
お見送りをする阿武松親方とおかみさん
お見送りをする阿武咲関
お見送りをする元亀と勇磨
勇磨・三段目優勝おめでとう
二本柳・序ノ口優勝おめでとう
ページ先頭へ

コロナウイルス感染症の拡大防止のため、キッズ阿武松、稽古見学は当面の間中止することになりました。申し訳ございませんが、ご理解とご協力のほどお願い申し上げます。